筑豊フィルハーモニー管弦楽団は、『音楽を通して筑豊を元気に!』『豊かな音楽のある生活を!』と筑豊の音楽文化の向上と青少年育成を目的に筑豊を拠点に活動するプロ演奏家とアマチュア演奏家合わせて30名余りの団員で活動するオーケストラです。

 このオーケストラの立ち上げのきっかけとなったのは、平成25年12月23日の『飯塚フラッシュモブ~クリスマスコンサート』で、インターネット(Facebook)でつながった管楽器、弦楽器、合唱のメンバー総勢100名が飯塚本町商店街井筒屋前に集結し、ベートーヴェンの第9交響曲終楽章を演奏。この映像は地元テレビ局やYouTube等のネットワークによって地元から全世界に配信されました。

 ジュニアからシニアの方々まで老若男女が共に同じステージに立ち、音楽を楽しみ、お客様に喜んで聴いていただける。この感動を飯塚だけではなく筑豊の各地へも届けたい!その思いがこのオーケストラ結成に火を灯しました。

 結成以来、これまで飯塚、直方、田川で定期演奏会を開催させていただき『筑豊で本格的なクラシックを筑豊で誕生したオーケストラの生演奏で聴くことが出来た!』と多くの皆様に喜んで頂いております。